地域生活総合支援センター「はばたき」

高齢者・障害者の人々が
地域の中でそれぞれの人生を

その人らしく生きることを支援するために必要な
ハード・ソフトの両面を整備したセンターです。

事業概要

人は誰もが、自分の好きな地域で住み、一生をそこで過ごしたいと思います。
しかし、介護が必要になったとき、家族の介護の限界と地域に援助する基盤が少ないため、地域を離れて入所施設を利用するしかないのが現状です。
さらに、高齢になった障害者と、それを介護する超高齢の親は、お互いが心の支えとして生活しています。
その生活も、現状では高齢者施設、障害者施設と、別の種類の入所施設に別れ別れで暮らさねばならなくなり、心の支えも失うことになります。
そんな方々の地域での生活を「暮らしやすい住居」と「介護サービス」を備えた「ケア付家族マンション」を整備することにより、このサービスを利用することで、要介護状態となった親子、兄弟、姉妹が家庭を壊すことなく、自立を図ると共に生きがいを高め、日々の心の支えを失うことなく生活の充実と安定を図ります。

本事業の特色

①現制度ではできない法体系の組み合わせ

イ.高齢になった障害者とそれを介護する超高齢・要介護の親が1日の基本的生活を普通の家族と同じように、お互いが支えあって生活できるよう、今までそれぞれに単品で運営されていた事業を組み合わせて1つの拠点とし、しかも外にある他の福祉サービス機能も有機的に活用しながら家族という絆を大切にする。

ロ.建物的に現制度では対応できない障害種別や高齢者種別を取り払い、要介護状態となった人のいろんな福祉ニーズ(食事介助、入浴介助、理容、動作訓練、心身機能の維持、レクレーション、健康管理、排泄介助等)に応えることができる体制をつくる。

  ハ.これまでの制度の中では、ショートステイ、レスパイトサービスの運営は、入所施設でしか対応できなかったが、本事業のように小規模多機能で、しかも地域社会に密着したところで行うことで、利用者に安心した生活が総合的に保障でき、通常の生活空間の中に24時間のケア体制ができるところが狙いである。

②サービスの連携

イ.要介護高齢者には、同法人で運営する在宅老人デイサービスセンター及び老人ホームヘルパーの利用ができ、障害者には本事業の知的障害者デイサービスセンター、心身障害児(者)ホームヘルプサービス及び同法人が運営する通所授産施設の任意サービスが利用できる。

ロ.本事業の利用者は、ファミリーマンションに入居される人たちだけではなく地域在宅の要介護者もこれらのサービス(デイサービスセンター、ホームヘルプサービス、グループホーム、介助付住居、ショートステイ、レスパイトサービス等)を利用することができるように運営する。

施設概要

名称 高齢者・障害者地域生活総合支援センター「はばたき」 
開設 平成13年10月1日 
所在地 広島県尾道市因島中庄町4804番地 
施設の構造 鉄筋コンクリート造 (耐火構造) 
施設の規模 地上5階建
建築面積:740.74㎡
延床面積:1688.61㎡ 
建設資金 353,348,000 円 
日本自転車振興会 補助金 256,477,000 円 
自己資金 96,871,000 円